ホトトギス

花の季節の花のときめき

ボランティアをしている
花の文化園などの 花と風景写真・イベントを紹介します

私の憩いと勉強の場所、花の文化園での 勉強の成果(?)と五感の楽しみの お裾分けをどうぞ・・・

2002年よりボランティアをしている花の文化園の風景写真や、珍しい植物を100集めた植物図鑑などがあります。

(モバイル対応作業前、2016年6月27日以前の パソコン版は、こちらにおきます )

花と緑の季節の楽しみ

1.花の文化園の園内風景

シンボルツリーの白い花
名前はサルスベリ(百日紅)   学名:Lagerstroemia indica 科名:ミソハギ科

2.花の文化園の花

トップの花は ホトトギス 杜鵑草
学名: Tricyrtis hirta
科名: ユリ科

Tricyrtis hirta, the hairy toad lily
柱頭にも花弁と同じ斑紋があるかのように見える不思議な感じの花です
「日陰で育つ、秋の花として園芸植物として利用されている。雌雄同花
日本が原産であると推定されている。」とwikipedia


クレマチス園のヘビウリ ヘビウリ[蛇瓜](けからすうり毛烏瓜)(英名snake gourd)
学名 : Trichosanthes anguina 科名:ウリ科 (wikipedia 


ローゼル(Roselle)の実
学名:Hibiscus sabdariffa) 科名:アオイ科 →アオイ科の植物
ハーブ園の小さなハイビスカスの一種
(ピンクの花のサイズはイチゴくらい。赤い実がハイビスカスティーの原料)
http://okinawaisland.jp/SHOP/vegi8007.html

植物図鑑
フウリンブッソウゲ

温室のフウリンブッソウゲ。アオイ科に属する花。 →アオイ科の花集め2016
(ムクゲ、フヨウ、ワタ、小さな原種ハイビスカス、パヴォーニア、フウリンブッソウゲ) 植物図鑑はリニューアル中であるが、取り上げた植物100のうち、アオイ科の植物の多さに、あらためて驚きました。


そのほかの花々→8月の見ごろの花
カリガネソウ(雁草、雁金草) 学名:Tripora divaricata) 科名:シソ科(wikimedia)
ワレモコウ(吾亦紅、吾木香) 学名: Sanguisorba officinalis 科名:バラ科(wikimedia
トウテイラン(洞庭藍)学名:Veronica ornata(ベロニカ オルナタ)科名:ゴマノハグサ科 (shopおぎはら植物園
タヌキマメ 学名:Crotalaria sessiliflora  科名:マメ亜科 (wikipedia閲覧:20160830によれば、薬用植物である)→(植物図鑑)
セローム


大温室のホヤ開花中(20160823)ホヤHoya  科名:ガガイモ科 wikipediaサクララン属 (en.wikipedia.org)



ゲートの外の謎のシルバーリーフ
右は、 「2015年秋に流通しはじめたばかりの チリ原産 衝撃の白葉プランツ!」
セネシオ エンジェルウィングス 学名:Senecio ‘Angel Wings’
左はシロタエギクのシリウスだと思う。 学名:Jacobaea maritima 'Cirrus'

→ちょっと前の風景と植物の一こま,6月の一こま

ちょっとおまけ


花の文化園近くのホームセンターの品ぞろえ・・・初秋!!葉っぱの季節♪


涼んでいる猫兄弟(花回廊から花工房へ移動)20160823

お知らせ

9月11日(日)Fululu market(最終回)

花の文化園をメインフィールドとして活動する
「フルルガーデン倶楽部」のサイトは、
花の文化園指定管理者(制度:wikipedia )の変更で、
6月からhttp://www.fululu-club.com/に移動になっています。
また、竹田前園長監修花の文化園植物図鑑のアドレスもみどり公社「花の散歩道」から、リニューアル検討中の由

花のボランティア

この一枚

20160906

朝会の後、全員で学校ガーデニング用等のビオラのポット上げ作業です・・
その数は計7000ポット!!

ボランティア活動中(1)


エスパリエ仕立て中!?

2016年8月23日クレマチス園で(香りの丘グループ作業中)

ボランティア活動中(2)

朝会風景

ボランティア活動中(3)

花の文化園から出張、市役所グループのモックル・フルル広場(市役所前広場)での花育
2016年7月4日(月)9:15~10:15
→ 続きはこちら(7月の一こま)

▲TOPへ戻る