レプリカの模倣のにわ


学ぶという言葉は
まねぶ
まねることが語源とされます。

 
18KB

     ウイーンにて ヽ(^o^;)ノ
学ぶということ・・・
まねをするということ・・・
・・・・・
「創造」と「模倣」とは??

・・・・ 大いなる疑問・・・・
いったい なんなんだ〜〜〜
ま、そりはともかく ヽ(^o^;)ノ

17KB

     イギリスにて ヽ(^o^;)ノ
    いやあ お〜ほっほっ
ここは byMん家(@大阪)から1時間強


現代における創造の可能性は・・・・
いやあ

?(゜_。)?(。_゜)? チンプンかんぷん

え〜っとですね〜
名画の転用 拡大解釈
 ⇒ 引用と模写(?)にあるという考え
・・・を提示する 福田美蘭 も刺激的です
機会があったらご覧になってくださいまし〜


さて・・模倣のにわです
ここは大阪市鶴見緑地の国際庭園
EXPO'90国際花と緑の博覧会の跡地
   ///EXPO10年後///

(photo by M 2001/06/25
      オーストリア庭園etc.にて)



←←←⇔→→→

■ウィーン市立公園のヴァイオリンを弾くヨハン・シュトラウス像■

右が本物 1923年 エドムンド・ヘルマー作

「美しく青きドナウ」でおなじみワルツ の王様ヨハン・シュトラウス
Johann Strauss II (ヨハン・シュトラウス2世) 1825-1899

以前は本物もブロンズ色をしていたのだが、十何年か前に
 今の金色に塗られたとか
像の後ろには大理石の楕円形アーチがありますが、

このアーチの表面のレリーフも
文学・音楽・舞踊・哲学・天文など
人間の知的活動をつかさどる
”ミューズ九女神”のレプリカです。

↓オーストリア庭園入り口

↓庭園内の花

公式ガイドブックより
オーストリア (Republic of Austria 国花:エーデルワイス)
   出展 音楽の都ウィーンを象徴するウィーン庭園

楕円形をしたウィーン庭園は
全体の概観をよくするために
格子細工がはりめぐらされ、
植え込みの間には、
アイリス、ピオニア、チューリップ、
ツリガネ草、クレマチス、キク、サルビアなどの
花や木が、季節に応じて鑑賞できる。

庭園のメインとなるのが 
”ヨハン・シュトラウスの記念碑”と
”ベフレイア噴水”
の忠実なレプリカ
”ヨハン・シュトラウス碑は、ブロンズ色の合成樹脂で作られ
その後方には大理石を表面に飾ったアーチがある。

記念碑の足元にはパイプが張られ、その先のノズルから
噴水のように水が吹き出ている
(財団法人 国際花と緑の博覧会協会 平成2年3月発行)
36KB
24KB

鶴見新山のワイルドフラワーはこんな感じです
    赤は サルビア その回りがワイルドフラワー


もう少し鶴見緑地のにわ を・・・〜〜
33KB
韓国庭園入り口のヘデ(狛犬)

次は 鶴見緑地の 花の谷をどうぞ

花の谷へ

(この頁は2001/07/24UP しました)

edited byM